伯方の塩おすすめレシピ

手軽に漬ける 袋で漬ける梅干し

手軽に漬ける 袋で漬ける梅干し

▲土用干しで天日に当てて干している梅


梅干しを使った料理はこちら(PDF)

基本の梅干しレシピはこちら

「手づくり梅干し」を作りたい・食べたい…でも、手間がかかるし、場所をとるから、という方へおススメ。保存袋で漬ける「梅干し」。保存袋で漬けるから場所もとりません。漬けている間、空気に触れにくいからカビも生えにくいので低塩で梅干しを漬けることもできます。

ここがポイント!

・今回は、梅に対して塩を20%、18%、15%の3種類の濃度で漬けました。どれも美味しく出来上がりましたが、15%の梅干しは冷蔵庫で保存の上、ほかの梅干しより早めにお召し上がりください。

・このレシピは重石を使いません。ふっくら形の良い梅干しに仕上がります。また、袋に入れた状態で触ったり揉んだりしないで下さい。皮が破れ、袋にたまった梅酢がにごります。

材料

  • 梅(黄色く熟したもの)…1㎏
  • 伯方の塩(粗塩)…200g(梅の20%)、180g(梅の18%)、150g(梅の15%)のいずれか好みの分量
  • 赤ジソ(葉だけの分量)…100g
  • シソ用の伯方の塩(粗塩)…20g

道具

  • ボウル、ざる(水切り用・土用干し用)、竹串、計量カップ、布巾、ジッパー付き保存袋、シソを入れて揉みこむビニール袋、保存容器

あら塩のご購入はこちら

土用まで赤梅酢に漬けている状態の梅

土用まで赤梅酢に漬けている状態の梅

作り方

  1. (1)

    photo_bp_09-01

    流水で梅をやさしく洗う。たっぷりの水に一晩つけアク抜きをする

  2. (2)

    photo_bp_09-03

    梅に傷をつけないように竹串でヘタを取る。

  3. (3)

    photo_bp_09-02

    布巾またはキッチンペーパーで梅の水気をよく拭き取る。

  4. (4)

    photo_bp_09-04

    ジッパー付き袋に梅を入れ、半量の塩を入れ梅にからめる。残りの塩も振り入れる。

  5. (5)

    photo_bp_09-05

    全体を平らにして、空気を抜きながらジッパーを閉める。液漏れが心配なら袋ごと受け皿に置く。

  6. (6)

    photo_bp_09-06

    冷暗所に保存し、1日に数回上下を返して塩や梅酢が全体に回るようにする。こまめに空気を抜く。

  7. (7)

    ●白梅干しを作る場合

    白梅干しを作る場合は、このまま土用まで待つ。
    (12)に進む。

    ●赤梅干しを作る場合

    赤ジソが手に入る時期まで待って購入。きれいに洗って、1枚1枚摘み取り、水気を取る。
    (8)に進む。

  8. (8)

    photo_bp_09-08

    赤ジソをボウルか袋に入れ、塩を加えてよく揉む。アク汁を捨て、かたく絞る。

  9. (9)

    photo_bp_09-09

    ボウルに梅から出た梅酢を入れる。

  10. (10)

    photo_bp_09-10

    梅酢の中に絞ったシソを入れて梅酢を発色させる。

  11. (11)

    photo_bp_09-11

    シソと梅酢を、梅の入った袋に戻す。空気を抜き、袋の口をしっかり留めて土用の日までおく。

  12. (12)

    photo_bp_09-12

    梅雨が明け、天気のいい土用の日に、梅をざるの上に並べて3昼夜干す。雨に当てないよう注意する。

  13. (13)

    photo_bp_09-13

    シソも広げて1日干す。袋に残った梅酢も透明な容器に入れて1日干して殺菌する。料理の味付けに重宝。

  14. photo_bp_09-14干しあげた梅干しとシソを、保存用のビンに入れて保存。
    ラベルに塩分濃度を書いて貼り、梅干しの味を比べて楽しむのも良い。
    3、4か月経ったら食べることが出来ます。

ページ先頭ヘ