基本の漬物レシピ

らっきょう漬け

ここがポイント

5月末頃から出回るらっきょう。らっきょうは生命力が強く、少しでも置いておくと芽が出てきてしまします。買い求めたら、その日のうちに漬けるようにしましょう。
5~6月 らっきょうを塩水につけてアク抜き
10日後 塩抜き、甘酢に漬ける
2ヵ月後 食べ頃
1年後~2年後 この頃まで賞味OK

材料

  • らっきょう・・・1kg
  • 伯方の塩(粗塩)・・・130g
  • 酢・・・4カップ
  • 砂糖・・・200g
  • みりん・・・50cc
  • 鷹の爪・・・2~3本

道具

  • ボール
  • ザル
  • 落としブタ
  • 保存用のビン(なるべく広口のビン)

作り方

  1. (1)

    らっきょうは泥つきの新鮮なものを選ぶ。

  2. (2)

    買ってきたらすぐ泥を洗い流す。株がつながっているものは一つずつはがして洗う。

  3. (3)

    天地を切り落とす。皮の汚れている部分は剥き取る。

  4. (4)

    水の量を計るために、いったん漬物容器にらっきょうを入れてひたひたより多めに水を注ぐ。ボールに水を取り出し、その中に伯方の塩を入れてよく混ぜて容器に戻す。

  5. (5)

    らっきょうが浮かないように落としブタをする。10日ほど経ったら水がアクで濁り、気泡が立ってくる。 ザルに取り出し、薄い塩水(1%くらい)に半日ほどつけて塩出しをする。

  6. (6)

    水気を切って酢、砂糖、みりん、鷹の爪を入れた中に漬け込む(甘味は好みで砂糖を加減する)。食べ頃は2ヶ月たった頃から。


ページ先頭ヘ