塩と健康レシピコンテスト 伯方の塩イチオシレシピ

カリカリ セロリの揚げ餃子

セロリの香りと食感で少量の塩味でもおいしい一品。
揚げ餃子のカリカリとした食感と、フルール・ド・セルの食感が合う。
セロリや豚肉を引き立てる、味の良いフルール・ド・セルが塩味として、時折表れて、パンチを与えてくれる。

料理のポイント

セロリは葉の部分も加えることにより、彩り、栄養価の面でプラスに働く。
セロリの香りや、揚げ物の香ばしさなど、少量の塩でも、おいしく食べることができる。
餃子の形は好みのものでよいが、今回は、フルール・ド・セル(塩の花)ということで、花弁をイメージして包んだ。
セロリも生のままで用いるので、調理時間も少なくて簡単に作れる一品。

材料(2人分)

  • セロリ(葉も含む)…60g
  • 豚ひき肉…60g
  • 長ネギ…20g
  • しょうが(おろし)…3g
  • 餃子の皮(大判)…8枚
  • 揚げ油…適量
  • 昆布茶…小さじ1/2
  • 酒…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1/2
  • こしょう…少々
  • 揚げ油…小さじ1
  • フルール・ド・セル…適量

作り方(調理時間30分)

  1. (1)セロリ、長ネギをみじん切りにする
  2. (2)豚ひき肉にフルール・ド・セル以外の調味料を入れよく混ぜる
  3. (3)(2)の肉に(1)と、しょうがを加える
  4. (4)(3)を餃子の皮につつむ(好みの形)
  5. (5)170℃の揚げ油でこんがり揚げる
  6. (6)油をきり、お皿に盛り付け、フルール・ド・セルを散らす

作り方のワンポイント

  1. 餃子の餡は水分がでやすくなるので、混ぜ合わせたら、すぐに包み、揚げるようにする。

ページ先頭ヘ