塩と健康レシピコンテスト 伯方の塩イチオシレシピ

新じゃがのハーブソテー

新じゃがの季節に皮ごと食べる素朴なポテト料理で、付け合わせやお酒のおつまみとして最適。

料理のポイント

新じゃがでなければ、皮をむいて作る。時間がないときは、じゃがいもを軽く電子レンジで加熱して、表面を焼き付けるように中火で焼き上げて同じような仕上げにする。伯方の塩(粗塩)なしでフルール・ド・セルだけでもよいが、その場合は飾り塩とは別に多めのフルール・ド・セルを伯方の塩(粗塩)のかわりに全体にまぶす。

材料(2人分)

  • 新じゃがいも…2~3個
  • タイム…3~4本
  • 伯方の塩(粗塩)…小さじ1
  • フルール・ド・セル…適量
  • オリーブオイル…大さじ1と1/2

作り方(調理時間25分)

  1. (1)じゃがいもはタワシでよく洗い、泥や芽を取り除く。タイムは枝を外しておく。
  2. (2)3cm四方に収まる程度の角切りにし、水に10分さらした後、水気をしっかりと拭く。
  3. (3)フライパンにオリーブオイルを熱し、じゃがいもを入れて中弱火で焼きつけるようにゆっくりと焼く。
  4. (4)じゃがいもがすき通ってきたら、タイムを加えてこんがりと焼き色がつくまでさらに焼く。
  5. (5)(4)をキッチンペーパーを敷いたボウルにあけて余分な油を落とし、伯方の塩(粗塩)を全体にふってザックリ混ぜる。
  6. (6)器に盛ってフルール・ド・セルをふる。

ページ先頭ヘ