伯方の塩おすすめレシピ

T・H・C

photo_rr_17

今回ご紹介するお酒は『T・H・C』。
TはTea(紅茶)、HはHakatano-Shio(伯方の塩)、CはCaramel(キャラメル)とそれぞれの頭文字をとっています。
しっとりとしたベルベットのような、なめらかさ。
塩キャラメルのような甘さの中に、ナッツの香ばしさが広がります。
寒い季節、1日頑張った自分へのご褒美に、仲のいい友達との楽しい時間に、暖かい部屋で大切な人と過ごす甘い時間に、いかがでしょうか?
上質な時間を演出してくれます。
取材した『松山全日空ホテル 14階プロヴァンスバー』で一言、「伯方の塩のホームページを見ました。」と伝えると一杯1100円で粋なプロの味を楽しむことが出来ます。
※レギュラーメニューではありません。

協力:松山全日空ホテル 14階プロヴァンスバー

ここがポイント!

☆ポイント
使う塩は、「伯方の塩(粗塩)」を焼いた「伯方の塩・焼塩」です。小粒でお酒に溶けやすいのでおススメ!塩の量はお好みで加減してくださいね。塩と氷を一緒にシェイクするので、すぐに冷えて美味しいお酒になります。

材料(1杯分:約60ml)

  • photo_rr_17_01フランジェリコ(ナッツのリキュール)…30ml
  • アマレット(杏子のリキュール)…15ml
  • ティフィン(紅茶のリキュール)…15ml
  • 牛乳…15ml
  • 伯方の塩・焼塩…ひとつまみ(親指、人さし指、中指の3本の指先でつまんだ量。)
  • ※材料は、インターネットで購入できます。

作り方

  1. (1)すべての材料をシェイカーに入れる。(順番は何から入れてもOK)
  2. (2)シェイカーいっぱいに氷を入れる。
  3. (3)シェイカーを振って、材料をよく混ぜ、冷やす。※シェイクする時間は、シェイカーから伝わるお酒の温度で判断します。シェイカーがキンキンに冷たくなったかどうかを一つの目安にしてください。
  4. (4)カクテルグラスに中身を注ぐ。(氷はシェイカーに残す。)
    ※カクテルグラス…グラスの容量は90ml。

ページ先頭ヘ