伯方の塩おすすめレシピ

オリーブとフルール・ド・セルのフォカッチャ

オリーブとフルール・ド・セルのフォカッチャ

小豆島の農家の方からオリーブの実の新漬けをいただきました。
オリーブの実を熟さないうちに渋抜きをして塩水(伯方の塩使用)に漬けこんだものです。
食べる時に塩抜きをしておつまみとしていただくと、とてもジューシーで美味しい!この美味しさを生かした料理に使ってみたいと思いついたのが、シンプルなイタリアのパン-フォカッチャ。塩味のオリーブの実をトッピングして食べたら美味しさが引き立つのでは!?
そこで、お菓子やパンの材料、調理用具を扱っている『松山丸三』 に行ってきました。
松山丸三にあるパン・お菓子教室“マルサンパントリー”の講師である菊池麻美先生に教わりました。毎日のように新しいパンのレシピを考案して作っていらっしゃるとのこと。「体に優しく、永く愛されるレシピ」を提案しており、教室はいつも予約でいっぱいです。

協力:マルサンパントリー

材料(ホームベーカリー使用)

【生地】6個分
  • 強力粉…300g
  • ドライイースト…4g
  • 水…180g
  • 塩(粗塩)…6g
  • 砂糖…5g
  • オリーブオイル…40g
【トッピング】
  • オリーブオイル…適量
  • 白ごま…適量
  • 塩(フルール・ド・セル)…適量
  • オリーブの実の塩漬け…適量(種を取り除いて輪切り)
  • ※オリーブの実は熟していない初物のため固く、種を取り除き難かったのですが、真空パックの袋から取り出して2・3日したら少し柔らかくなって種を取ることが出来ました。きれいに種を抜く専用の種抜き器具があるそうです。

作り方

ホームベーカリーで捏ねていますが、手捏ねでもOK。捏ね過ぎてグルテンが出過ぎない方が良い。手捏ねの場合、発酵時間は1時間。

  1. (1)

    photo_rr_19_01
    生地の材料をホームベーカリーに入れて10分捏ね、40分一次発酵

  2. (2)

    photo_rr_19_02

    スケッパーで6等分にスパッと切る

  3. (3)

    photo_rr_19_03

    柔らかい生地なので大きく包み込むように丸めて15~20分休まる(ベンチタイム)

  4. (4)

    photo_rr_19_04

    ガスを抜き過ぎないように、軽く綿棒をあてて成形

  5. (5)

    photo_rr_19_05

    シートの上にのせた生地の上にシートをのせて塗れ布巾をかぶせ約30分間、二次発酵。

  6. (6)

    photo_rr_19_06

    指で軽く上から押しながら小判型にしてオリーブ油を塗る

  7. (7)

    photo_rr_19_07

    指で押した穴にオリーブの輪切りをのせて、白ごまを振る

  8. (8)

    photo_rr_19_08

    190℃のオーブンで13分ほど焼く(大きさによって時間を変える)

  9. (9)

    photo_rr_19_09

    焼き上がったら、再度オリーブオイルを塗り、フルール・ド・セルを振る


ページ先頭ヘ