伯方の塩おすすめレシピ

愛媛で大人気!塩パンロール

2013年から愛媛で大ブームの『塩パン』。最近は、どこのパン屋さんに行っても各々オリジナルの形や味の『塩パン』が置いてあるほどです。表面に塩がトッピングしたものもあれば、パンの中に塩味のバターを忍ばせていたり・・・。
今回は、大粒の塩「フルール・ド・セル」をトッピングした『塩パンロール』を紹介します。普通のロールパンよりも長い三日月形です。
ほんのり塩味でパリっとした表面、中身はフワッとしたパンが「こ・う・ば・し・い」!味見をした社員も「パンだけでいくらでも食べられる~」と大好評。食事にもオヤツにも向いています。
フォカッチャと同じく松山丸三にあるパン・お菓子教室“マルサンパントリー”の講師・菊池麻美先生に教わりました。

協力:マルサンパントリー

材料(ホームベーカリー使用)

【生地】10個分
  • 強力粉 …270g
  • ライ麦粉(白)…30g
  • ドライイースト…5g
  • 砂糖…3g
  • モルトシロップ 1g(無い時は砂糖6g)
  • 伯方の塩(粗塩)…6g
  • 水…195g
  • トランスフリーショートニング(無塩バター)…9g
【トッピング】
  • オリーブオイル…適宜
  • フルール・ド・セル…適宜

作り方

  1. (1)生地の材料をホームベーカリーに入れて生地つくりコースを選んで捏ねる。
  2. (2)一次発酵終了したら、スケッパーで1個50gに切って10個に分割。
  3. (3)丸めてベンチタイム→ガラスシートやクッキングシートにのせて固く絞った濡れ布巾をかぶせ10~15分休ませる。
  4. photo_rr_19_04(4)成形する。綿棒で二等辺三角形に伸ばした生地を長い辺を手前にしてクルクル巻いていく。巻き終わったら、少しカーブさせる。
  5. (5)35℃で30分~40分間、二次発酵させる。
  6. (6)パン生地にオリーブオイルを塗ってフルール・ド・セルをトッピング。
  7. (7)210℃くらいのオーブンで12~13分焼く。
  8. ※(3)は、暖かい部屋だと発酵が早いので冷たいものの上で発酵させると良いでしょう。

ページ先頭ヘ