つくろう!サラダ漬け!

サーモン・アボカド・揚げ茄子の角切り・ベリーソースサラダ

サーモン・アボカド・揚げ茄子の角切り・ベリーソースサラダ

レシピ出展…シェフごはん
http://www.chefgohan.com/

レシピのコツ・ポイント

photo_rr_22_01まず、完熟したアボカドを選ぶこと、そして脂ののったトラウトサーモン、新鮮な茄子を使った揚げ茄子を用意することがポイントです。
また、シャリ感のある塩、フルール・ド・セルの食感を消さないように、素材表面にトッピングし、盛りつけたら、時間をおかずに召し上がっていただくことが、大切です。

材料 4人前 / 調理時間:約30分

  • トラウトサーモン角切り
    …25g×4(1.5cm×1.5cm角)
  • アボカド角切り
    …25g×4(1.5cm×1.5cm角)
  • 角切り揚げ茄子(皮付き)
    …30g×4(2cm×2cm角)
  • サラダ油…適量(多めの油で炒め揚げ)
  • ブルーベリージャム…大さじ1
  • レモン汁…小さじ2
  • サラダ油…大さじ1
  • 塩、フルール・ド・セル …小さじ1/2
  • 粗挽き白コショウ…一つまみ
  • みじん切りトラウトサーモン
    …40g(フライパンで煎る)
トッピング
  • フルール・ド・セル…適量
  • レモンピール…適量
  • 水菜…適量

作り方

  1. (1)トラウトサーモン・アボカド(レモン汁をふっておく)・揚げ茄子の角切りを冷やしておきます。
  2. (2)ブルーベリージャム、レモン汁、サラダ油、フルール・ド・セル、コショウを合わせて、ドレッシングを作ります。
  3. (3)トラウトサーモンのみじん切りをフライパンで煎り、冷蔵庫で冷まして乾燥させます。
  4. (4)良く冷やした器に(1)の素材を盛り、(2)のドレッシング、(3)のトラウトサーモンを盛ります。レモンピールと水菜、フルール・ド・セルを飾り完成です。

シェフ紹介

アジアン セレクトダイニング 豊島 重義 シェフ
photo_rr_22_03普通のサラサラしたお塩は、口に入れた瞬間、塩味がダイレクトに舌に伝わってきますが、この“フルール・ド・セル”は、口に入れた後じわじわと塩味が伝わってきて、とても優しくて穏やかな味わいに感じました。
利用場面としてお勧めしたいのは、素材の良さをいかしてシンプルに味わいたいときでしょうか。新鮮なお刺身や素揚げした野菜+“フルール・ド・セル”、これ だけで立派なご馳走になりそうです。私だったら、国産の黒毛和牛に合わせてみたいですね。お肉の甘みの後、徐々に感じられる塩味が絶妙の味わいを醸しだしてくれそうです。カリッとした食感も、お料理のよいアクセントになると思いますよ。

ページ先頭ヘ