伯方の塩おすすめレシピ

クレープ・サレ(塩味のクレープ)

クレープ・サレ

今回ご紹介するのは「クレープ・サレ」。
生クリームやフルーツ、チョコレートなどを包んで食べるものを「クレープ・シュクレ(砂糖味のクレープ)」、ハムや鶏肉、チーズ、野菜などを包んで食べるものを「クレープ・サレ(塩味のクレープ)」といいます。
モーニングやランチに、フランスでよく食べられています。
簡単に出来て、この満足感!忙しい朝やちょっと小腹が空いた時におススメです。

協力:あいテレビ「キッチンPIPOT」

ここがポイント!

☆ポイント
卵が固まらなかったり、生地が焦げたりしないよう火加減には注意!

材料 (4人分)

【クレープ生地】
  • 薄力粉…80g
  • 卵…80g
  • 伯方の塩…2g
  • 無塩バター…16g
  • 牛乳…200g
【フィーリング】
  • 卵…4個
  • ハム…4枚(半分に切っておく)
  • ピザ用チーズ…160g
  • 無塩バター…小さじ2
  • 粗挽き胡椒…適量

作り方

クレープの生地をつくる

  1. (1)ボウルに薄力粉をふるい入れ、泡だて器の先で中央をくぼませる。
  2. (2)くぼみに卵と伯方の塩を入れ、泡だて器でほぐしながら、真ん中からよく混ぜ、湯煎で溶かしたバターを加える。
  3. (3)牛乳の1/3を少しずつ加え、練るようにして混ぜる。
  4. (4)サラサラになったら残りの牛乳を加え、均一になるまで混ぜる。裏ごしをした後、ラップをかけ、冷蔵庫で1時間程休ませる。

クレープを焼き、仕上げる

  1. (5)フライパンを火にかけ、温まったら弱火にする。バターを溶かしペーパータオルで全体になじませる。※余ったバターはペーパーで拭き取る。
  2. (6)お玉で生地を薄く流し入れ、フライパンを回して全体に広げる。※生地が均一になるようにする。
  3. (7)生地の表面が乾いたら、中央に卵を一個割り入れる。※生地はひっくり返さない。
  4. (8)卵白が外側から白くなり始めたら、ハムを卵黄の左右にのせる。
  5. (9)卵黄の周りにチーズをふりかける。
  6. (10)チーズが溶けてきたら四方を折り畳み、卵の上に胡椒をふり出来上がり。

ページ先頭ヘ