されど塩 藻塩を使ったレシピ

藻塩ちんすこう

moshio_p04

『ちんすこう』の名前の由来をご存じですか?諸説ありますが“ちん(金)”は高価な“すこう”はお菓子という意味をさし、かつては琉球王朝の王侯貴族だけしか食べることができない宮廷菓子だったことからも『とても貴重なお菓子』=『ちんすこう』と呼ばれるようになったようです。たった4つの材料で、簡単にできちゃう!沖縄の伝統菓子をぜひ、ご自宅で召し上がれ♪

協力:あいテレビ「キッチンPIPOT」

ここがポイント!

☆ポイント
ガリガリとした食感の全粒粉と、粒が粗めのグラニュー糖、「されど塩 藻塩」を使うことで、粒感を楽しめる『ちんすこう』が出来ます。

材料(約20個分)

  • 全粒粉…50g
  • ラード…25g
  • グラニュー糖…25g
  • されど塩 藻塩…1g
下準備
  • 粗めのざるで粉をふるっておく。
  • オーブンを170℃に温めておく。

作り方

  1. (1)ボウルにラードとグラニュー糖を入れ、へらですりつけるようにペースト状になるまで、よく混ぜ合わせる。
  2. (2)全粒粉を加え、そぼろ状になるまでさっくり混ぜ、塩を加えたらさらに切るようにさっくり混ぜる。
  3. (3)生地をひとまとめにして20等に分け、一口大に丸める。
  4. (4)170℃のオーブンで20分焼く。

ページ先頭ヘ