伯方の塩おすすめレシピ

七草粥(ななくさがゆ)

nanakusa01

「せり なずな ごぎょう(ははこぐさ) はこべら ほとけのざ すずな(かぶ) すずしろ(だいこん) これぞ七草」と古くから詠われて、ご馳走を食べたお正月のお腹をやさしく癒す食べ物といえば・・・「七草がゆ」。
一年の無病息災を願いながら1月7日の朝にいただきます。

材料(4人分)

  • nanakusa02米…1合
  • 水…7合
  • 七草…お好み
  • 伯方の塩(粗塩)、されど塩 藻塩、焼塩のいずれでも可…少々
  • ゴマ、梅干…適量

作り方

  1. (1)お米をといで、ざるに上げて水を切って30分ほどおく。
  2. (2)米1合に対し、水7合の割合で土鍋または鍋に入れ火にかける。はじめは強火にして煮立ったら弱火で蓋をして30分~40分ほど煮る。
  3. (3)洗った七草をさっと湯がいてアク抜きをし、包丁で細かくたたいて刻んでおく。
  4. (4)おかゆにとろみがついてきたら塩少々を振り入れて木じゃくしですくい混ぜる。
  5. (5)火を止める寸前に七草を散らし入れて蓋をしてひと煮する。
    おかゆを作るコツは、あまりかき混ぜないことです。かき混ぜるとお米に粘りが出てしまいます。
    出来上がったら、後はお好みでゴマを振ったり梅干を添えたりしてどうぞ。

ページ先頭ヘ