つけ塩レシピ

大根の鉄板ステーキ

confit_05_01

野菜を焼いて素材本来の旨味や甘味をじっくり引出す、そこに“つけ塩”。
お口の中で旨みや甘味がひと際鮮やかに広がります。
手軽に楽しめる上品なひとさら、日本酒や白ワインとどうぞ。

材料(2人分)

  • 大根…5cm(約250g)
  • 紅芯大根…2.5cm半月分(約80g)
  • ごま油…小さじ2
〈付け合わせ〉
  • しめじ…60g
  • クレソン…適量
  • 伯方の塩・焼塩…適量

作り方

  1. (1)大根は、横に2等分にして、両面に十字に隠し包丁を入れる。紅芯大根は、いちょう切りにする。
  2. (2)耐熱皿に(1)の大根を並べ、水(50ml分量外)を入れる。ふわりとラップして電子レンジ(500w)で5分加熱する。紅芯大根は、同様にして電子レンジで3分加熱する。(色よくするために加熱時間は短くする)
  3. (3)鉄板にごま油を熱し、大根と紅芯大根を入れて焼き色が付くまで両面をこんがりと焼く。付け合せのしめじも、小房に分けて大根の横で焼く。
  4. (4)熱した鉄板、又はお皿に盛って、クレソンを添え、伯方の塩・焼塩につけながらいただく。

ページ先頭ヘ