日常で使える「塩」

日常の生活では、石けん、シャンプー、合成洗剤などを極力使用せず、 浴剤・洗剤として塩を使用すれば、家庭排水を汚しません。生活の中では塩でできることがイッパイあります。

地球にやさしい生活を今日から実践しませんか?

貴重な食器類も塩を使って洗います
ガラス器、 陶器など由緒ある食器を何代にもわたって使い続けるヨーロッパでの塩の使い方を紹介しましょう。
ガラス器(コップ類)の中に、新聞紙を細かくちぎって水と共に入れ、塩を加え、 上を掌でおさえて強くふってすすぎます。また、 塩に胡粉(チョーク)を混ぜてフランネルで磨く方法もよく使われます。
皿や陶器を割れにくくする方法として、 塩水で煮るというのもヨーロッパでよく用いられているようです。 新しく買ったものを、まず塩水で煮てから使います。
まな板、ガラス・陶器の食器は塩で洗う
まな板はとかく臭みのある汚れがつきやすく直接料理に触れるので、 ここはぜひ塩で洗い流したいものです。経済的であるばかりでなく、洗剤と違って塩は皮膚にやさしく、あとで手にクリームなどを塗る必要がありません。
なべ類もピカピカ焦げ落としにも
なべ磨きにも塩は威力を発揮します。
なべ、ヤカンなどは、塩をスポンジに少しつけて磨きます。いつもピカピカと美しさを保ってくれます。
アルミなべを焦がしたときは、中に塩をひき、二時間くらいおいてからこすります。
台所は塩で磨く心がけで
中性洗剤は、生活廃水の自然破壊の元凶になっているばかりでなく、 皮膚を傷め(アトピー、アレルギー性疾病など)、 ときには料理の味にまで影響することがあります。
塩は食べるくらいですから残留毒性はゼロ、もっとも安心できる強い味方です。 塩の洗い水は排水孔、パイプのぬめりをとり水路も汚しません。
茶しぶ落としには塩が効果的
塩は茶しぶの成分であるタンニンと結びついて、 こびりついた茶しぶをきれいに洗い落とします。 瀬戸ものの表面を傷つける心配もなく、 まさに天然の磨き布と磨き砂のような働きをしているのです。
銅なべ磨きにも塩
銅なべは熱伝導率が高く、抗菌作用もあるので調理用として優れています。ただ、調理した物を入れたままにすると緑青が発生することがあります。緑青は体に害があると誤解されていたこともありましたが、現在では緑青は有害でないと分かっております。でも、せっかくの銅なべを長持ちさせるために日頃のお手入れをきちんとすることをお勧めします。
鍋なべに緑青が発生した場合は90ccの酢に大さじ半杯の塩を混ぜ、これを吸湿性のよい布につけて強くこすり落とします。後は、手早く水洗いをします。
家具・調度のよごれ落としと美しさにも
家具・調度・竹細工や藤の家具は、バケツ一杯の水に大さじ二杯くらい塩を入れ、 雑巾をかたくしぼってふきます。
特に藤家具の場合は、独特の趣を保つために塩水でのブラッシングを。藤家具はかまわずに放っておくと、 早く古びてしまいますから要注意。
戸や障子の手あかの汚れも塩水で拭きましょう。

ページ先頭ヘ