EXPOエコマネーセンター人気No.1!

2012/3/1

環境問題が注目される今、全国各地でさまざまなエコ活動が行われています。

今回ご紹介するのは、EXPOエコマネー。2005年日本国際博覧会(愛・地球博)で実施され、博覧会終了後も継続して行われている、人と地球にやさしい環境通過の実験事業です。
レジ袋を断る、環境学習への参加など、愛知県内のサポート店舗や施設でエコ活動をするとポイントがもらえ、貯めたポイントでエコ商品と交換したり、植樹のための寄付などができる仕組みになっています。

実は、ここの交換商品として「伯方の塩」が使われているのです。

交換商品に選ばれた理由は、「伯方の塩」の製造工程にあります。

                                                     ※画像をクリックすると拡大します。                                                                                     

塩の製造工程に「かん水(濃い塩水)」をつくる工程があります。海水中の塩分は約3%と少ないため、海水を直接煮詰めてつくる方法は、大量のエネルギーが必要となります。それに対して、自然の風や太陽熱によって結晶した輸入天日塩田塩を日本の海水で溶解・ろ過してつくる方法は、燃料が少なくすみ、二酸化炭素(CO2)の排出を削減することができるのです。

このように環境対策を行いながらつくっている点に注目していただきました。

また、「伯方の塩」は交換商品人気No.1とのこと!
数ある商品の中から選んでいただき大変嬉しく思います。

料理に塩は欠かせません。日々使うものからエコに。
そんな小さな一歩が、やがて大きな成果へと繋がっていくのではないでしょうか・・・


ページ先頭ヘ