11/1 大三島工場に流下式塩田-大三島塩田がオープン!

2010/11/1

掛け声による合図でボタンを押すと、しばらくして枝条架の上から海水が滴下してきました。これは、当社大三島工場に隣接した大三島塩田で10月28日に行われた「流下式枝条架併用塩田」での公開セレモニーでの様子です。

「流下式枝条架併用塩田」とは、ゆるい傾斜がついた流下盤に海水を送り、ポンプで竹の枝で組んだ枝条架の上方に送った海水をかけて滴下させることを繰り返します。風と太陽の力でだんだん濃い塩水になっていく仕組です。

2005年に計画をスタートし、09年には当社社員でプロジェクトメンバーを結成して専念。枝条架の材料は、柱には愛媛県久万産のひのきを、枝条架は大三島と伯方島の孟宗竹を使用しています。

昭和47年までの昔の塩づくりの方法なので、どうやって再現したかというと・・・。
その昔、親の代から流下式塩田で塩づくりに従事していたという伯方島のお二人-渡辺克哉氏と森仁師氏に指導をお願いをしました。また、幸いなことに、40年前に伯方島で処分されようとしていた流下式塩田に関する資料や文献を当社会長の丸本が今後役に立つであろうとかき集めて保存。それらの資料と経験者お二人の指導のもとメンバーで造ってきました。

この日の夕方には地元テレビニュースで放映されました。それを見た60代や70代の方からは、「懐かしいな~、海岸線を走る列車の窓からたくさんの枝条架が見えていたよ。」と感慨深げでした。

プロジェクトメンバーが肝に命じていたことは「ただの工事従事者ではなく塩づくりの構造を理解しながらつくること」。そして、「当時の技術を伝承していき、その良さを伯方の塩づくりに生かしていくこと」。
当社は、「美味しい塩、体に適した塩」を、これからも求め続けてまいります。

11月1日から見学を受け付けます。


ページ先頭ヘ