しまのわ2014『しおあかり~竹原~』10/26まで開催中!~塩と竹あかりのコラボレーション~

2014/10/20

「竹取物語」をテーマにしたソルトアート

10月11日(土)より、しまのわ2014の公式イベントとして『しおあかり~竹原~』が開催されています。
このソルトアートで使用している塩は実に約850㎏!!料理と同じく「塩がなければ始まらない!」ですね。当社の『伯方の塩』も採用されています。
制作者は地元大学の皆さん。塩でつくったウサギ約20匹と絵巻物に、竹原の竹を組み合わせたり並べたりして、幻想的な雰囲気を表現しています。
思わず手が伸びてしまいそう。

伯方の塩」と竹原
51d6c4740cb11c978cab11222c5d5be7
会場には少し変わったウサギが一匹。写真右側の色のついたウサギです。
実はこのウサギ、NPO法人ネットワーク竹原の「流下式枝条架併用塩田(りゅうかしきしじょうかへいようえんでん)」でつくられた塩で制作したウサギです。かつて瀬戸内地方では製塩業が盛んで、たくさんの「流下式枝条架併用塩田」がありました。
当社でも2010年、大三島工場に「流下式枝条架併用塩田」を再現し、2014年5月から塩田でつくった塩を『されど塩』として販売しています(大三島工場売店と当社ネットショップ限定)。
竹原は江戸時代に塩田で栄えた町として有名です。現在、NHKで放送されている“マッサン”の主人公のモデルである竹鶴正孝氏の実家が、塩田の大地主で製塩業を営んでいたのをご存知でしたか? 塩田の技術は竹原から愛媛に伝わってきました。こういった背景を考えると、竹原と当社は“ご縁(塩)”があるようです。

イベント詳細

ソルトアートの展示期間は、10/26(日)まで。普段、目にする塩とは違った形の塩に出合えます。この期間にぜひ、ソルトアートの世界へ足を踏み入れてみませんか?10/24(金)から10/26(日)の間に見に行かれる方は、「竹あかりオブジェ」も展示される17:00~21:00がおススメです!

PDF『しおあかり~竹原~』イベントの詳細はこちら(PDF:511KB)


ページ先頭ヘ