いらっしゃい!『やさいの日2014』in東京スカイツリータウン

2014/8/20

rogo8月31日にかけた「831やさいの日」。
JA全農、日本野菜ソムリエ協会の主催で楽しいイベントが東京ソラマチで開催されますよ~!
『親子で経験する野菜の食育』をテーマに東京ソラマチで国産野菜の魅力を知ることが出来るんです。
“伯方の塩”も参加しているのでお楽しみに!!

日時:2014年 8月30日(土) 12:00~18:00/31日(日) 11:00~17:00
場所:東京スカイツリータウン東京ソラマチ5階スペース634
※入場無料

会場内では、「育てる」「楽しむ」「食べる」ゾーンごとのテーマにあわせ、野菜を楽しむ商品の試食ブースや、やさい苗展示、ミニトマトすくい、ワークショップ、ステージイベントとお楽しみがいっぱいです!
イベントの目玉としては、
●子どもたちに大人気の「やさい収穫体験」 30日・31日両日とも15:00~
●やさいトークショー 31日 13:00~
●国産野菜詰合せプレゼント抽選会 31日 16:00~

『伯方の塩』のブースでは野菜ソムリエの方と一緒に野菜たっぷりの「サラダ漬け」を実演・紹介していきます。 お立ち寄りいただいた方には新製品“伯方の塩 DRY(ドライ)”のサンプルとともに“サラダ漬けレシピBOOK”をプレゼント!
ぜひ、『伯方の塩』ブースにも寄っていってください。

ページ先頭ヘ

発表!クイズラリーの答えは・・・

2014/8/12

クイズラリー7月12日~8月10日までの約1カ月間、開催された『伯方の塩クイズラリー』が好評のうちに終了いたしました。3,307人もの方々にご参加いただき、ありがとうございます。工場見学者の中から33%の方がクイズに参加!
家族や友達とワイワイとっても楽しそうでした。

毎日、クイズ正解者の中から10名が当選ということで、当選したかどうかは賞品が届いてからのお楽しみでした。でも、「答えは合っていたのかな?」という方のために正解を発表いたします!!

【質問と答え】

Q1:塩ソフトクリームのトッピングには、次の3つの内、どのお塩が使われているでしょうか?
①されど塩
②伯方の塩・焼塩
③フルール・ド・セル

Q2:伯方の塩の原料となるのは、次の3つの内、どれでしょう?
①岩塩(がんえん)と海水
②輸入(ゆにゅう)天日(てんぴ)塩田塩(えんでんえん)のみ
③輸入(ゆにゅう)天日(てんぴ)塩田塩(えんでんえん)と海水

Q3:伯方の塩は、袋詰めするまで次の3つの内、何の上で自然乾燥をしているでしょうか?
①砂利(じゃり)
②薪(まき)
③竹のすのこ

Q4:自動(じどう)計量(けいりょう)包装機(ほうそうき)で1分間に袋詰めできる「伯方の塩 1kg」の数は次の3つの内どれでしょうか?
①20個
②30個
③40個

Q5:当社の流下式枝条架(りゅうかしきしじょうか)併用(へいよう)塩田(えんでん)の枝条架の列数は、次の3つの内、 どれでしょうか?
①10列
②13列
③15列

正解は・・・
A1:③フルール・ド・セル
A2:③輸入(ゆにゅう)天日(てんぴ)塩田塩(えんでんえん)と海水
A3:③竹のすのこ ※現在、『竹のすのこ』は『チタン』と入れ替え中です。
A4:③40個
A5:③15列

③+③+③+③+③=15 お宝名は15の『されど塩』でした。

どうですか?あなたの答えは合っていました?厳正な抽選により選ばれた当選者の方には順次、プレゼントを発送中です。 お楽しみに!!

ページ先頭ヘ

【中止のお知らせ】8月10日(日)大三島工場で開催予定の『ハーブソルトづくり体験会』

2014/8/8

8月10日(日)に開催を予定しておりました『ハーブソルトづくり体験会』は台風の為、中止致します。
ご迷惑おかけして申し訳ありません。
何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。

ページ先頭ヘ

笑う大鬼瓦。瓦ぬ(変らぬ)ご愛顧を…

2014/8/1

『笑う大鬼瓦』が工場見学にやってきました。
約750年の歴史を誇る「菊間瓦」の産地・愛媛県今治市菊間町で制作された、縦横約1m・重さ約200㎏もある鬼瓦。
「なんばグランド花月」で、菊間瓦を使ったタレント名の看板がお目見えするのに合わせ、瓦製造業者の組合などが“名物の鬼瓦もPRしたい”と企画・制作しました。
通常の鬼瓦の形相とは一変。
笑った細く優しい目元と、緩んだ口元から覗く一本の金歯に思わず笑みがこぼれます。

大鬼瓦の首元をよく見てみると…なんと!
『伯方の塩』が!!!
今回、特別につくっていただきました。
波がとても力強く、当社のイメージにピッタリ!

実は、この笑福瓦、お供をつれてやってきました。
全国的にも有名な、今治のPRキャラクター『バリィさん』と愛媛県のイメージアップキャラクター『みきゃん』。
バリィさんは高さ約60㎝・重さ約50kg、みきゃんは高さ約70㎝・重さ30kgです。瓦の需要が減る中で活性化策として、菊間町窯業協同組合が人気の高いゆるキャラの起用を決定。
今後、『大鬼瓦』・『バリィさん』・『みきゃん』は県内の企業や施設、観光地へ順番に設置予定とのこと。
設置期間の詳細は下記にてご確認ください。

【設置期間】
大鬼瓦:7月21日(月)~9月中旬
バリィさん&みきゃん:7月21日(月)~8月19日(火)
伯方の塩瓦:7月21日(月)~永久的に
設置場所:大三島工場1階ロビー

夏休みということもあり、多くの見学者で賑わっている大三島工場。『かわいい!』『すごい!』『いい時期に来た!』と記念写真を撮る姿も…。
瓦といえば屋根瓦のイメージが強く、特に初めてこういった瓦を目にした方には新鮮だったようです。私も今回のことがきっかけで瓦の置物や、照明器具、雑貨などがあると知りました。
ぜひ一度、この機会に見に来てください。
そして…これからも『伯方の塩』に瓦ぬご愛顧をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページ先頭ヘ

7月31日新発売!“伯方の塩 DRY”

2014/7/31

7月31日に“伯方の塩 DRY”が新発売!
ネットショップでお買い求めいただけます。

 

ページ先頭ヘ

おかげさまで100万人!-大三島工場見学者

2014/7/31

「今日も、またまた暑いな~」と思わず呟いてしまう晴天のもと、ここ大三島工場入口から望む海の水面(みなも)も日の光でキラキラ眩しい!!
外に出ると、肌がジリジリ焼けそうな中を次々と訪れてくる見学者のみなさん、酷暑の中ありがとうございます!2000年5月に当社3番目の工場として竣工した大三島工場では、「食べ物の製法に秘密があってはならない」という理念のもと製造工程を公開してきました。
そして、操業開始から14年と2カ月の本日、2014年7月26日(土)で100万人目!の見学者を迎えることが出来ました。

●これまでの見学者数の記録
・10万人突破-2002年11月(2年6カ月)
・50万人突破-2008年12月(8年7カ月)

見事、100万人目となった松山市の竹田僚之さんには、記念の花束とともに工場売店に並ぶ120点の伯方の塩関連商品の中からお好きなものをダンボールに詰めていただくという特典もお贈りしました!
「今日は、気分転換にと母を連れて兄とともに3人でやってきました。こんなこと初めてでビックリ!見学では、昔からの技術を今に生かしているんだな、と知ることが出来ました。人の口に入るものなので、塩を自然乾燥させるなどよく考えられているんですね」と嬉しそうな笑顔。ご家族で箱詰めする商品をチョイスして楽しそうです。
150万人目は、もしかしてあなたかも?

one million

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭ヘ

『ハーブソルトづくり体験会』8月10日、開催!!

2014/7/30

ページ先頭ヘ

塩田を見学して、『されど塩』をGET!!

2014/7/17

2010年10月、大三島工場の敷地内に『流下式枝条架併用塩田』を再現。
2014年5月1日には塩田でつくった塩『されど塩』を発売しました。
そして…
2014年7月12日より、『流下式枝条架併用塩田』の見学に来られた方へ『されど塩(20g入り)』を進呈しております。(※『されど塩』についての詳細はこちら)
eebf7e0ba7dfa931dc50318e449ff801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場見学の際には、ぜひ塩田にも立ち寄ってみてください。

ページ先頭ヘ

伯方の塩クイズラリーがスタートしたよ~

2014/7/15

7月12日、伯方塩業 大三島工場で「瀬戸内しまのわ2014」の公式イベント『伯方の塩クイズラリー』がスタート!初日は土曜日ということもあり、165名もの参加をいただきました。

なかなか難しい問題を揃えているから大人も「う~ん」と唸ってます。
でも、意外と子どもたちは頭が柔らかいのかスイスイ進んでいきます。最後の難関、答えをつなぎ合わせてつくる『お宝』を探し出すのがまた頭をひねります!

毎日、正解者の中から10名様(期間中合計300名様)に記念品をお送りするので、最後まで誰が当たるか判らない、というラリー。8月10日の日曜日まで実施してますので、是非参加してくださいね。

ページ先頭ヘ

『近代化遺産』の伯方本社・伯方工場

2014/6/30

公益財団法人えひめ地域政策研究センターが発行している『えひめの近代化遺産』にて、当社の伯方本社・伯方工場の記事が掲載されました。
世界遺産には及びませんが、今後「文化財指定等によって保存・顕彰していくべきもの」と考えられている『近代化遺産』。
その『近代化遺産』の一つとして伯方本社・伯方工場が紹介されています。

 

合成

【記事の内容】
建造物名:大蔵省坂出地方専売局伯方出張所
所在地 :今治市伯方町木浦 
(現:伯方塩業㈱伯方本社、伯方工場) 
建築年 :本館…昭和16(1941)年、文書庫…明治末期

明治38(1905)年の塩専売法施行後、大三島・伯方島・大島にあった塩田131町歩を管轄する大蔵省の出先機関として、坂出塩務局伯方出張所が開設される。所名と管轄塩田は時代の変遷で変わり、昭和13~18年当時は坂出地方専売局伯方出張所であった。大正期以降、芸予諸島では葉タバコの栽培が盛んとなり、この検査なども行った。第4次塩業整備が実施される昭和46(1971)年頃は、日本専売公社伯方出張所であった。
最後まで残っていた伯方島(古江浜・瀬戸浜・北浦浜)と大三島(宗方浜)の所轄塩田が廃止されると、同出張所も廃止された。昭和51年からは伯方塩業㈱の本社工場(敷地面積:約8,551㎡) となる。旧庁舎・文書庫・倉庫の3点セットがまとまって残るのは大変珍しく、伯方島は島内の塩田跡地とともに製塩業遺産の宝庫ともいえる。

《「愛媛県の近代化遺産」愛媛県教育委員会 参照》

 

伯方工場では、製造工程の見学受付けは行っておりません。
『近代化遺産』の見学をご希望の方は、事前に必ずお電話にてご予約ください。
【伯方工場:0897-72-2378(代)】
  

ページ先頭ヘ

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

ページ先頭ヘ