『されど塩 藻塩』のレシピに「豚肉のネギ塩しょうが焼き丼」を追加しました。

2016/8/24

されど塩 藻塩を使ったおすすめレシピをご紹介します。


レシピはこちら♪

ページ先頭ヘ

「藻塩焼(もしおやき)神事」鹽竈(しおがま)神社例祭/宮城

2016/8/12

「藻塩焼(もしおやき)神事」鹽竈(しおがま)神社例祭/宮城の詳細はこちら

ページ先頭ヘ

【7月30日】“セブンスター×伯方の塩”工場見学ツアーを開催しました!

2016/8/5

四国・愛媛県のスーパーマーケットであるセブンスター様が、今年で40周年を迎えられました。
そこで!『セブンスター&伯方の塩 共同企画』として7月30日にバスツアーを開催♪
計20組、40名の親子の方にご参加いただきました。

7時30分松山スタートのバス。
子供たちのワクワクを乗せ、いよいよ発進!

 

瀬戸内海を一望できる「しまなみ海道」を通り、2時間ほどで大三島工場に到着しました。
まずは、塩について知って頂くためにアニメ鑑賞へ…
塩づくりの歴史やサラリーマン・サラダの語源、塩にも違いがあることなどを紹介。
とても熱心に鑑賞していて、持参したノートにメモを取るお子さんの姿もありました!

 


続いて、製造工程の見学へ…
メキシコまたはオーストリアの輸入天日塩田塩を日本の海水に溶かすところから袋詰めまで、すべての工程を見学。
初めて見る製塩の様子に皆さん興味津々。特に『自然乾燥中の塩の山』の迫力には「すご~い!」と感嘆の声。
ところどころでいくつか質問も頂きました。

 

 

次に向かったのは、工場敷地内にある『流下式枝条架併用塩田』。
品質・味の目標としてきた塩田製塩の技術継承のため2010年に再現したものです。
炎天下にも関わらず、知恵と工夫を凝らした昔ながらの塩つくりのしくみの説明に聞き入っていました。

 

 


さて、次はお待ちかねの“塩つくり体験”♪
『伯方の塩』の原料にしている「鹹水(かんすい)-塩分濃度の高い塩水」を土鍋で煮詰めて塩をつくります。
鹹水の塩分濃度は25%。海水(塩分濃度は約3%)と比べると、とても濃いことが分かります。もちろん鹹水は舐めてもOK。お子さんたちもチャレンジ。その感想は…「(>_<)!!!!」
言葉にならない驚きが、表情から十分伝わってきました(*^_^*)
鍋に焦げ付かないように順番で混ぜたり、写真を撮ったり…鹹水を煮詰めること約15分。これで完成です。つくった塩をまたまたひと舐め。感想はもちろん…「(>_<)!!!!」
帰ったらお母さんの美味しい料理と一緒に食べてみてね。

 

塩つくり体験も無事に終了し、その後は工場の売店まで戻り『伯方の塩ソフトクリーム』を堪能♡
汗をたくさんかいた為か、みなさんペロリと完食でした。
売店でお土産もゆっくり選んでいただき、工場見学はこれにて終了♪

工場を後にした私たちは、全員で仲良く昼食を頂き、大島にあるバラ公園でちょっと一息。
そのあと、サービスエリアで記念写真を撮影しました!

少し疲れも出たかな…と心配でしたが、満足そうな皆さんの表情に安心しました。
そして…
出発場所であったセブンスターに事故・けがもなく無事到着。
参加者様からは「楽しかったです」「勉強になりました」と、素敵な笑顔を頂戴しました♪
今回のツアーにご参加いただき、本当にありがとうございます!!

今後とも、にがりをほどよく残した『伯方の塩』を宜しくお願い致します。

ページ先頭ヘ

【数量限定】『伯方の塩・焼塩250g』20%増量!

2016/6/20

平素は『伯方の塩』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度、当社は『伯方の塩・焼塩250g』20%増量商品数量限定で販売致します。
商品の詳細は次の通りです。

◇商 品 名:伯方の塩・焼塩
◇発 売 日:2016年7月上旬
◇内 容 量:300g
◇価       格:180円(税別)
※店舗によって取扱いのない場合もあります。

これから熱中症が心配な時期です。
塩に限らず全ての食料に言える事ですが、摂取量は多すぎても少なすぎても体に良くありません。必要な摂取量は年齢や性別、生活スタイルの違いはもちろん、その日の体調によっても異なります。
健康な方が過度な減塩をしてしまうと、めまいやふらつき、脱水症状や筋肉異常を起こすと言われています。
運動をした時はしっかり水分と塩分を補給する、1日室内にいたような日は摂り過ぎないようにするなど過度な減塩は避け、適量を摂取するようにして“適塩生活”で楽しい夏を過ごしましょう!

【適塩におススメの“つけ塩レシピ”をこちらで紹介しています。自分でつける塩の量を調節できる“つけ塩”。ぜひお試しください。】

 

ページ先頭ヘ

海に囲まれた日本の塩つくり・・・「藻塩」

2016/4/22

2016年4月27日に発売の『されど塩 藻塩』。

「藻塩」は、周りを海に囲まれた日本ならではの塩つくりの方法でした。その歴史は古く、平安時代もしくは古墳時代からとも。(イラスト左)moshioyaki
万葉集、百人一首、源氏物語でも登場する「藻塩」。重労働であった貴重な塩つくりは、昔の人の生活の中で悲しい歌や恋の歌として題材になり得たのではないでしょうか。
かの有名な「安寿と厨子王」の物語りでも、姉の安寿は潮汲みをして藻塩を焼く手伝いもするなど山椒大夫に酷使されます。(イラスト右)shiokumi01
その「藻塩」を瀬戸内海の原料100%でつくった当社の『されど塩 藻塩』。
藻塩は、玉藻と呼ばれるホンダワラなどの海藻を使って海水からつくった塩のことで、海藻由来の“ほのかな薄褐色”をしており、海藻のうま味が凝縮されています。

おにぎり、漬け物、焼き魚、鶏の唐揚げ、汁物などにご使用いただき、コクのある味をお楽しみください。

『されど塩 藻塩』の詳細は⇒http://www.hakatanoshio.co.jp/products/items.html#moshio

ページ先頭ヘ

伯方の塩の新CMを公開しました。

2016/4/14

伯方の塩の新CMを公開しました。

ページ先頭ヘ

自然豊かな瀬戸内海の原料100%「されど塩 藻塩」発売

2016/4/12

 2016年4月12日

moshio7279_RS伯方塩業株式会社(本社:愛媛県 代表取締役:武田清隆)は、自然豊かな瀬戸内海の原料を100%使用したしっとりタイプの塩「されど塩 藻塩」の販売を開始いたします。

1. 背景・経緯
1971(昭和46)年、法律で塩田の全廃が決定し、食用塩がイオン交換膜製塩に全面切り替えされることに疑問を持った消費者が塩田塩存続運動を行いました。その結果、塩田存続の願いは叶いませんでしたが、輸入天日海塩の使用を条件に国から製造認可がおりました。こうして生まれたのが「伯方の塩」です。
2010(平成22)年、当社は品質・味の目標としてきた塩田製塩の技術継承のために大三島工場敷地内(愛媛県今治市大三島町台32)に流下式枝条架併用塩田(りゅうかしきしじょうかへいようえんでん)を再現しました。「伯方の塩」が誕生するきっかけとなり、創業の想いであった塩田でつくったかん水(濃い塩水)に、海藻を浸け込んで結晶させた塩 を「されど塩 藻塩」と名付けてこのたび発売する運びとなりました。

2.「されど塩 藻塩」の製法
「されど塩」は、瀬戸内海沖の海水を取水し、流下式枝条架併用塩田で太陽の熱と自然の風を利用してつくったかん水に瀬戸内海産の海藻(ホンダワラ)を浸け込み平釜で煮詰めて製造しております。
「伯方の塩」と同様に化学薬品と添加物を一切使用しない製法です。
3. 「されど塩 藻塩」について
◇ 商  品  名:されど塩 藻塩
◇ 発  売  日:2016年4月27日(水)
◇ 内  容  量:100g
◇ 価    格:540円(税別)
◇ 原  材  料: 海水(瀬戸内海)、海藻(瀬戸内海)
◇ チャック付きスタンドパック

 

ページ先頭ヘ

『レシピ』に「伯方の塩 つけ塩レシピ」を追加しました。

2016/4/11

素材の旨味をしっかり引きだす「伯方の塩・焼塩」。
いつものメニューの食べ方をちょっと変えてみませんか?
野菜はもちろん、魚や、お肉、スイーツなど、つけ塩スタイルで美味しくいただきましょう!
お子様でもご年配の方でも、塩味を自分の好みで加減できるから、とってもヘルシー&デリシャス!
「今日の一品はつけ塩料理で決まり♪」


レシピはこちら♪

ページ先頭ヘ

『ISO22000』の認証を取得

2016/4/5

お客様各位

平素より『伯方の塩』をご愛顧頂きありがとうございます。

2016年3月、食品安全マネジメントシステムの国際規格である「ISO22000:2005」の認証を取得しましたのでお知らせ致します。

当社は設立当初から、「より自然なもの」「安心・安全」を最も大切な事と位置付け、『伯方の塩』を製造して参りました。
そして、品質の向上及び環境保全、汚染予防を目的として2004年10月に「ISO9001(品質マネジメントシステム)」、2008年2月に「ISO14001(環境マネジメントシステム)」の認証を取得。
近年、食品への関心が一層高まり、安全管理の重要性も増してきました。こうした中で、お客様からの信頼を獲得するために「食品安全」を追求するマネジメントシステムを構築することで、更なる品質保証体制の強化を図りました。その結果、2016年3月22日に「ISO22000:2005」の認証を取得しました。
登録日、登録番号等の詳細は企業情報のページにてご確認ください。

食品産業において「塩」は、欠かすことの出来ないものです。安全・衛生面の管理をより一層高めることで、さらに安全で安心できる食用塩を提供し、顧客満足を目指して参ります。
また今後は、食品安全は元より海外進出や国内食品市場の更なるグローバル化への対応に向け、ハラール認証取得を目標に取り組みを行ってまいります。

今後とも、にがりをほどよく残した『伯方の塩』をよろしくお願い申し上げます。

 

ページ先頭ヘ

12年に1度の出逢い。“申年の梅”

2016/3/24

◆梅は三毒を断つ◆
日本人にはとても馴染み深い『梅干し』。梅の実
お弁当やおにぎりに入れるとご飯が傷みにくくなるので、特に夏場は大活躍!
といったご家庭も多いのではないでしょうか。
防腐、殺菌、解毒作用や疲労回復など梅干しは「体に良い」イメージがあると思いますが、そもそも『梅』自体が「三毒を断つ」といわれる優れものです。
「三毒」とは「水毒」・「食毒」・「血毒」の事を指します。
水毒は体内の水分の汚れ、食毒は不規則な食事や食生活により体内のバランスが乱れた状態、血毒は血液の汚れの事です。
梅に含まれる多くの栄養素(カルシウム、リン、鉄分、クエン酸など)が、疲労回復・血流改善など体調を整える効果があるため、「三毒を断つ」といわれています。
他にも「梅はその日の難逃れ」という言葉があるように 、梅は日本人の間で大切にされてきました。
その中でも特に『申年の梅』は縁起物といわれています。

◆『申年の梅』は縁起物◆
『申年の梅』が縁起物とされる謂れは、遙か平安時代まで遡ります。
疫病が流行した、ある申年のこと。当時の天皇-村上天皇が、その年に漬けた梅干しを食べて病を克服した、という言い伝えがあります。
また江戸時代に悪疫が流行した時にも、病に苦しむ人々はこぞって申年の梅を食べたとか…。
さらに、全国の死者数が数十万人といわれる「天明の飢饉」の時にも、前述した村上天皇の故事に倣った紀州藩だけは梅干しのおかげでほとんど死者が出ず、その時に食べられていたのも申年の梅だそうです。
このように諸説ありますが、他にも「申年」だけに病気や悪いことが「去る」といった語呂合わせから、縁起も担いでいます。

◆手づくりの梅干しにチャレンジ◆
『申年の梅』は12年に1度の縁起物です。
だからこそ、“こだわりの塩”で梅干しづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
「伯方の塩」は、にがりをほどよく残した風味の良いお塩です。特に「伯方の塩(粗塩)」はしっとりとしていて、食材に付着しやすいので梅干しづくりにはおススメ。
当社ホームページにてレシピを紹介しています。
ぜひ、今年は「病気・災いが去るように」願いをかけて『申年の梅』づくりを!

Facebookで塩に関するオモシロ情報公開中!☆

ページ先頭ヘ

3 / 2212345...1020...最後 »

ページ先頭ヘ