建築家の伊東豊雄氏が塩田を見学して・・・

2016/1/28

160125_02ご存じの方もいらっしゃると思いますが、当社工場がある大三島は、実は美術館の宝庫なのです。
大山祗神社の博物館をはじめ、書道の「村上三島記念館」、現代日本画の大作を所蔵している「大三島美術館」。現代アートの「ところミュージアム」、そして2011年オープンの「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」は、屋内・屋外に伊東氏設計の建築物や模型を展示。施設自体も目を引くモダンな建物です。
その建築家の伊東豊雄氏が極寒の1月25日に大三島工場へ。 当社社員が造った流下式枝条架併用塩田に興味を持たれ、「感動しました!」という言葉をいただきました。
工場長の岡田と記念撮影も(写真向かって右の方が伊東氏)。
ミュージアムの詳細は⇒http://www.tima-imabari.jp/

ページ先頭ヘ

【重要】大三島工場見学-メンテナンスのお知らせ

2016/1/13

平素より『伯方の塩』をご愛顧頂き、ありがとうございます。

大三島工場では2016年2月26日~2016年3月25日の間、機械のメンテナンスを行うため製造ラインの一部が停止している場合があります
詳細は、大三島工場(TEL:0897-82-0660)までお問い合わせください。

なお、見学は通常通り【9:00~16:00(受け付けは15:30まで)】受け付けております

ご来場頂きます皆様にはご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。

ページ先頭ヘ

『レシピ』に「白菜の少量・即席漬け(2種)」を追加しました。

2016/1/7

『レシピ』に「白菜の少量・即席漬け(2種)」を追加しました。

ページ先頭ヘ

1月11日 「塩の日」は、“盛り塩作り”と工場見学

2015/12/9

 1が3つ並ぶ日、1月11日は「塩の日」です。
 時を遡る事、約450年前の永禄11年。領地が海に面しておらず塩を絶たれた甲斐の国の武将-武田信玄へ越後の国の武将-上杉謙信が、敵対関係に あるにもかかわらず、自分の領地の塩を送ったと云われています。
この出来事が諺「敵に塩を送る」の語源にもなり、武田軍に塩が届いた1月11日を「塩の日」としています。

「塩の日」を記念して、伯方塩業 大三島工場で「盛り塩作り体験」のイベントを開催します。
shionohi02

「盛り塩」の由来
これは、中国の歴史書「資治通鑑(しじつがん)」に記載されている話なのです。中国の皇帝の後宮は美妃三千人と言われる状態で、皇帝は夜毎、羊車に乗って妃を訪ねます。ある妃が一計を案じ塩を玄関に盛っておくと、羊はその塩にひかれ屋敷の前に止まってしまいます。この故事にちなんで、来てほしい人を招き寄せるおまじないとして玄関に塩を盛るようになったといいます。

話題の「陰陽道」
今、漫画・ドラマ・フュギアスケートで話題の“陰陽師”。「陰陽道」では、外部から受けている邪気や邪念を払う時に結界を張ります。“結界を張る”方法がいくつかあり、その一つが「盛り塩」を家の四隅に配置する方法なのです。
「盛り塩」に興味がある方は、1月11日「塩の日」に大三島工場で美しい「盛り塩作り」にチャレンジしてみませんか?

ページ先頭ヘ

大人気『京都料理展示大会』に出展!

2015/12/4

毎回多くの人が来場する『京都料理展示大会』。
12月13日(日)・14日(月)に『第110回 京都料理展示大会』に当社も出展します。
料理教室やマグロの解体・即売、だし巻き作りコンテストなど、今回もイベント盛りだくさん!
ご来場の際には、ぜひ「伯方の塩」のブースにもお立ち寄りください。
イベントの詳細はこちら⇒http://www.kyo-ryori.com/

ページ先頭ヘ

『ワクワクふわふわプレゼントキャンペーン』に喜びの声続出!

2015/11/18

2015年4月1日から9月30日まで開催した『ワクワクふわふわプレゼントキャンペーン』。
応募総数は、なんと…30,213通でした!!たくさんのご応募、ありがとうございます♪
さらに!嬉しいことに、お礼のお便りをたくさん頂きました。
『伯方の塩を使った商品がこんなにあるなんて知りませんでした!』
『いろいろ入っていて、まさに「玉手箱」ですね。』
『今治タオルがフカフカで肌触りが良くて最高です。』
『3種類の塩を使い分けて、味を楽しみたいと思います。』
色々な感謝・激励の言葉を頂きました。普段は聞くことができないお客様の声をこうして知ることができ、本当に有難いです。
これからも皆様に安心して、おいしく召し上がって頂けるように、日々精進して参ります。

ページ先頭ヘ

2015年スペシャルプレゼントクイズ終了のお知らせ

2015/11/9

10月19日から開催しておりました“映画『陽光桜』全国共通観賞券プレゼントクイズ”は11月8日を持ちまして終了致しました。

たくさんのご応募ありがとうございます。

今後とも『伯方の塩』を宜しくお願い致します。

ページ先頭ヘ

俳句コンテスト(しょっぱい五・七・五)募集スタート!

2015/10/31

俳句コンテスト(しょっぱい五・七・五)募集スタート!

ページ先頭ヘ

お菓子はあま~い♡審査はしょっぱい…。~第7回えひめスイーツコンテスト~

2015/10/21

10月9日(金)、愛媛県松山市道後にある老舗旅館の大和屋本店で、毎年恒例の『えひめスイーツコンテスト』開催!
今年もさらに力作ぞろいでした。
審査員の方々も口を揃えて「毎年レベルが上がっている」と好評価。それでも、やはりプロ。
細かいところまでしっかりとチェックして結構厳しいコメントもあり、嬉し涙や悔し涙もチラホラと見受けられた表彰式でした。

さて、気になる今年の「伯方塩業賞」は…
Facebookでもお知らせしていた、アマチュア部門の作品名『笑媛ロール』。
作者は松山市在住の三好貴子さんです。名称未設定 2

【写真左から作品・三好さん・当社社長 武田】
なんと三好さん。今年がまだ2回目のチャレンジだそうです。
しかも! 昔からお菓子作りが趣味ということではなく、お菓子作りを始めたのは、つい数年前。たま~におやつを作る程度だそうです。
今回の作品については、たった2カ月ほどで作りあげたとか…。すごい!

三好さんの『笑媛ロール』。
テーマが“南予地域をイメージしたロール菓子”ということで、みかんのエキスを濃縮した液と米粉を使っているそうです。
また、「南予ではないけれど…」と中予地区の砥部町の特産品である七折小梅も使用。
愛媛が詰まったお菓子です。
来年の応募に関しては、まだ決めかねていると。
ぜひ“塩”スイーツでの参加、期待しています!!!

 

ページ先頭ヘ

俳句コンテスト(しょっぱい五・七・五)情報追加しました!

2015/10/15

俳句コンテスト(しょっぱい五・七・五)情報追加しました!

ページ先頭ヘ


ページ先頭ヘ