お菓子作りのプロに聞く「塩スイーツ」 魅力あふれるスイーツが並ぶお店「ラ・ブランシュ」

「ラ・ブランシュ ド・ラ・エ」外観写真
「ラ・ブランシュ ド・ラ・エ」オーナーさん

数年前からよく耳にするようになった「塩スイーツ」という言葉。
当初は、甘いものに塩を入れるなんて驚いたものですが、この対照的な組み合わせが話題を呼び、今となってはもうすっかり定番化しています。

「塩スイーツのレシピを紹介して欲しい!」という声にお答えして、今回は特別に、お菓子作りのプロにご協力をお願いしました。

初心者でも簡単に作れる塩スイーツ「塩のブランマンジェ」のレシピをご紹介します。

今回ご協力いただいたのは、松山で人気のお店「ラ・ブランシュ」のオーナー宮﨑俊一郎さん。
松山市郊外にある「ラ・ブランシュ ド・ラ・エ」にてお話を伺いました。

スイーツにおける塩の存在

主に塩は隠し味として使われ、主役素材の味や甘味を引き立てます。
また、チョコレートやキャラメルなど、塩と相性の良いお菓子に使う場合は、主役となり活躍することができます。
名脇役、時には主役となり、甘味と塩味による絶妙のバランスを作り出します。

塩加減

まず初めに、それぞれの材料の特性を知ること。
味はその時の体調によっても変化するものです。その時においしいと感じても、後からすごく喉が渇くこともある。どの材料を組み合わせ、どれだけ塩を入れるのがベストなのか、研究を重ねることが大切です。

焼菓子
焼菓子

シュークリーム
シュークリーム

「ラ・ブランシュ」では、それぞれのお菓子との相性を考え、塩を使い分けしています。

伯方の塩は、フィナンシェ、パウンドケーキ、クッキーなどの焼菓子に。
サクラメント通りにある店舗のシュークリームにも伯方の塩が使用されています。

その他にも店内には、魅力的な商品がズラリと並んでいます。種類豊富でどれもおいしそう・・・端から端まで全て食べてしまいたい!と思ってしまうほどです。

また、「ラ・ブランシュ ド・ラ・エ」にはカフェが隣接されており、ショップでお好きなケーキを選び、そのままカフェで味わうことができます。

カフェにはフルール・ド・セルを使用したメニューもあります。

フォカッチャのサンドイッチ
フォカッチャのサンドイッチ

【フォカッチャのサンドイッチ】
オリーブオイルをたっぷり練り込んで作ったフォカッチャに、アボカド・バジル・生ハムをサンド。仕上げにフルール・ド・セルをトッピングしています。

フルール・ド・セルの印象は、「しょっぱい先に甘さを感じる」とのこと。

フランスの田舎を思わせるカフェで、庭の緑を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか・・・

La Branche http://www.la-branche.net/

La Branche
営業時間
10:00~20:00
定休日
月曜日
所在地
松山市南江戸2-6-25(サクラメント通り)
電話
089-925-8005

La Branche de la Haie http://delahaie.net/

La Branche de la Haie
営業時間
10:30~19:00
定休日
火曜日
所在地
松山市南高井町1669-1
電話
089-908-5553

新着情報一覧に戻る


ページ先頭ヘ