あったか塩鍋

ブリ大根鍋

ブリのうま味と大根おろしのさっぱり塩鍋。
春には筍、秋には松茸など、旬の食材を入れるのもオススメです。

協力:あいテレビ「キッチンPIPOT」

ここがポイント!

ひと手間かけて、ブリを「霜降り」にすることで、生臭みが消え、うま味を閉じ込めることができます!

材料(4人分)

  • ブリ(40g切り身)…8切れ
  • 伯方の塩(粗塩)…適量
  • 大根おろし…1/3本分
  • 白菜…4枚
  • しめじ…1パック
  • 人参(梅型にくり抜いたもの)…8枚
  • 蕪(葉つき)…1個
  • 銀杏…12個
  • 百合根…12枚
  • 水菜…1/3束
  • 柚子の千切り…お好みで
A
  • 酒…100cc
  • だし汁(かつお)…900cc
  • 伯方の塩(粗塩)…小さじ2
  • 薄口しょうゆ…50cc
  • みりん…100cc

百合根の下処理

  1. 外側から一枚ずつ剥がし、しっかり土を洗い流す。

作り方

  1. (1) ブリの切り身の両面に塩をふり、10分ほど置いたあと、沸騰したお湯にくぐらせ、すぐに氷水に入れて霜降りにする。
  2. (2) 白菜、水菜、蕪は食べやすい大きさに切る。しめじは食べやすくほぐす。
  3. (3) 人参、銀杏、百合根を5分ほどゆでる。
  4. (4) 鍋にAを入れて火にかけ、沸騰したら、白菜、しめじ、ブリ、蕪を入れ、蓋をして7、8分煮る。
  5. (5) 銀杏、百合根、人参を散らし入れ、ぐらっとするまで更に煮る。
  6. (6) 大根おろしと水菜を上にたっぷり乗せて、柚子の千切りを散らす。

ページ先頭ヘ