伯方の塩おすすめレシピ

アボカドと豆腐の冷製パスタ

夏にぴったりのヘルシーでさっぱり食べられる冷製パスタ。シンプルな味つけなので、2種類の塩を使い分けてメリハリのある味に。
ソースは、牛乳を多く入れると美味しい冷製ポタージュにアレンジできます★

協力:あいテレビ「キッチンPIPOT」

ここがポイント!

パスタは冷製ソースと相性がよくしっかり絡む、0.9mmのカッペリーニを使用。アボカドはなるべく柔らかいものを選ぶと、楽に潰せます。

材料(4人分)

  • アボカド…2個
  • レモン汁…大さじ2
  • 絹ごし豆腐…200g
  • マヨネーズ…大さじ2
  • パスタ(カッペリーニ)…250g
  • むきえび…12尾
  • フルーツトマト…3個
  • 温泉卵…4個
  • 黒コショウ…少々
  • フルール・ド・セル…少々
(A)
  • 伯方の塩(粗塩)…小さじ1/4
  • 顆粒コンソメ…小さじ1
  • 豆乳…200cc
  • 生クリーム…50cc

作り方

  1. (1)アボカドを半分にして種を取り、皮を剥く。1.5個はソースにするため潰しやすい適当な大きさに切る。残りの0.5個は飾り用にするため角切りにして、レモン汁を絡める。
  2. (2)ボウルに水気を切った絹ごし豆腐とマヨネーズを入れて、泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。
  3. (3)アボカドを加えてつぶしながら混ぜ合わせ、Aを入れて冷蔵庫で冷やす。(アボカドが固い場合はハンドミキサーで混ぜる。)
  4. (4)塩(分量外)を入れたお湯にパスタを入れ、表示時間の30秒~1分程長めに茹でる。
  5. (5)冷水で冷やしてしっかり水気を切ったものを(3)と絡める。
  6. (6)お皿に盛りつけて、茹でたむきえび、角切りのアボカド、4等分にしたトマトを飾る。最後に温泉卵を乗せて、塩とコショウを振る。

ページ先頭ヘ