伯方の塩おすすめレシピ

メバルの揚げ卸し煮

メバルは煮つけにすることが多い魚ですが、ひと手間かけることでプロの味に。暑い時期にも大根おろしでサッパリ食べれるメニューです。旬の野菜を入れることで季節感もUP♪

協力:あいテレビ「キッチンPIPOT」

ここがポイント!

メバルは揚げることでコクがUP。
大根おろしと煮ると臭みも取れます。

材料(4人分)

  • メバル…4尾
  • 伯方の塩DRY…少々
  • 片栗粉…少々
  • 黄パプリカ…1/2個
  • 赤パプリカ…1個
  • とうもろこし…1本
  • アスパラ…4本
  • 空豆…12粒
  • 大根おろし…1/4本分
  • 木の芽…お好みで
  • 揚げ油…適量
A
  • かつおだし…2カップ
  • 酒…50cc
  • みりん…50cc
  • 薄口醤油…少々
  • 砂糖…少々
  • 伯方の塩DRY…少々

作り方

  1. (1) メバルを三枚におろし、中骨を抜く。
  2. (2)(1)の身を上にして包丁目(5mm間隔の切り込み)を入れ、薄く塩を振る。ハケで両面と包丁目の隙間に片栗粉をかけて、170℃の油で軽く色が付くまで揚げる。
  3. (3)パプリカを大きめの乱切りにし、サッと素揚げする。
  4. (4)とうもろこしは芯の周りをそぐように身を落とし、アスパラは食べやすい大きさに切る。空豆は、さやから取り出し、黒い部分の反対側に軽く切り込みを入れる。
  5. (5)沸騰したお湯に塩(分量外)を入れて(4)を茹で、空豆の皮を取り除く。
  6. (6)Aを鍋に入れて煮たたせ、大根おろし以外の具材を全て入れてサッと煮る。
  7. (7)大根おろしを絞って水分を抜いて(5)に入れ、温める程度煮る。
  8. (8)器に盛り、お好みで木の芽をのせる。

ページ先頭ヘ