あったか塩鍋

ザワークラウトと焼きつけベーコン鍋

発酵食品「ザワークラウト」を使ったあっさり鍋!野菜の甘みと発酵食品ならではの酸味が合わさって、〆まで楽しめる奥深い味わいに♪

ここがポイント!

自家製ザワークラウトは暑い時期なら3日、寒い時期なら1週間を目安に発酵させましょう。酸っぱいにおいがしてきたら、完成の合図です!

材料(2人分)

【ザワークラウト】
  • キャベツ…1/2個
  • 伯方の塩(粗塩)…キャベツの重さの2%
【鍋】
  • 自家製ザワークラウト…150g
  • 水…400ml
  • コンソメ…小さじ2
  • はちみつ…お好みで
  • 胡椒…お好みで
A
  • じゃがいも…2個
  • にんじん…1本
  • ブロッコリー…1/2個
  • 厚切りベーコン…200g
【〆】
  • 溶き卵…4個分

下準備 ザワークラウト

  1. (1)よく洗ったキャベツを粗めの千切りにし、ボウルに入れる。
  2. (2)塩を加え、キャベツがしんなりするまでよく揉み込む。
  3. (3)キャベツから出た水分と一緒に保存容器に入れ、全体が水分に浸るようにラップで内蓋をし、室温で発酵させる。

作り方

  1. (1)油(分量外)を引いた鍋でベーコンに焼き目をつける。
  2. (2)お好みの大きさに切ったAと水を加え、火が通るまで煮立たせる。
  3. (3)ザワークラウトとコンソメを加え、ひと煮立ちさせる。
  4. (4)お好みではちみつと胡椒を加える。
  5. (5)〆は、余ったスープと具材の中に溶き卵を入れ、蓋をして火にかけて、中まで火を通す。

ページ先頭ヘ