社員の『健康づくり』-Goo! 判定

2018/11/15

11月13日(火)、全国健康保険協会(協会けんぽ)愛媛支部より従業員の健康に配慮している企業として当社が表彰を受けました。県内では他に3事業所が受賞。

当社の表彰内容は、「協会けんぽの保健師、管理栄養士が実施する特定保健指導の対象者以外にも、健診結果に基づいた保健指導の実施、健診実施直前の意識が高い時期にカロリー摂取に関する注意喚起を行う等、従業員全体の健康管理に努めている」というものでした。

そういえば、健康診断の結果に基づき保健指導を受ける、ストレスチェックを受ける、姿勢(ゆがみの矯正)の指導などもありました。昼食時にはカロリー摂取に関する注意喚起の表が貼られ、メタボを気にしている人は意識していたようです。
受賞した他の3事業所もウォーキングや階段利用の呼び掛けなど工夫を凝らしていました。
食生活で健康志向の会社が「健康経営」で表彰を受けて光栄です。

 

ページ先頭ヘ

「伯方の塩」の安全性について

2018/11/12

2011年3月に発生しました東京電力福島第一原子力発電所の放射能事故を受けて、当社製品「伯方の塩」の製造環境、安全性、分析試験結果についてお知らせ致します。

2018 年11 月12 日更新 当社製品「伯方の塩」の安全性について(PDF:162KB)

当社内分析における当社製品の過去の分析試験結果(PDF:92KB)

保存

保存

ページ先頭ヘ

フルール・ド・セルを使ったレシピを公開しました。

2018/11/8

塩チョコケーク~スパイスの香り~

ページ先頭ヘ

SNSに投稿して「タツノコプロ缶バッチ」をGETだぜ!

2018/11/7

11月3日からスタートした『四国まるごと美術館』。
伯方の塩 大三島工場では、作品を撮ってSNSに投稿すればレアな「タツノコプロ缶バッチ」をもプレゼント!

「四国まるごと美術館」の公式サイト

ページ先頭ヘ

今秋の新TVCM-フルール・ド・セルのレシピを公開!

2018/11/1

一度、使えば大ファンになるという当社商品『フルール・ド・セル』をご存じですか?
大粒でシャリッとした歯ごたえが人気なのです。
「フルール・ド・セルって、どう使えばいいの?」という疑問をお持ちの方へ!
「見て!読んで!試して!」
■新TVCM

■『フルール・ド・セル』のことをもっと知りたい、という方へ

■フルール・ド・セルを使ったレシピなら

これで、「感じて!料理して!味わって!」
あなたも魅せ塩『フルール・ド・セル』のト・リ・コ。

ページ先頭ヘ

〈クイズdeプレゼント〉今月のクイズを更新しました。

2018/11/1

〈クイズdeプレゼント〉を更新しました。

ページ先頭ヘ

見学カレンダーを更新しました。

2018/11/1

見学カレンダーを更新しました。

ページ先頭ヘ

タツノコキャラが大三島工場にやってくる!

2018/10/26

11/3~12/16の期間中
タツノコキャラクター×アート作家のコラボが
伯方の塩 大三島工場にやってくる!
四国4県88か所にコラボ作品を展示する
「四国まるごと美術館」のアートスポットに決定しました!
スタンプラリーで豪華な賞品をGET!
今しか見られない限定イベント!ぜひお越しください♪
「四国まるごと美術館」の公式サイトはこちら⇒https://www.tatsunokoart.com/

ページ先頭ヘ

塩総選挙の結果は・・・?

2018/10/22

“天高く馬肥ゆる秋”
当社 大三島工場で10/19(金)~10/21(日)、秋晴れの週末に開催された『GOENファーム収穫祭』が大盛り上がり!!
その中の目玉である“塩総選挙”とは?当社の塩の中でどれが“ご飯”に合うか?というアンケートを取りました。

最終日の21日。担当者は、朝から3升ご飯を炊いたまでは覚えていましたが、あまりの人気ぶりに、そこからどれだけご飯を炊いたか記憶にない!?
皆さん、ご飯に合う塩に興味深々。ご飯に合う、ということは“おにぎり”にも合う塩!
パンパカパーン♪ 結果発表です!
1位 されど塩 藻塩   275票
2位 伯方の塩 DRY    130票
3位 フルール・ド・セル  122票
4位 伯方の塩(粗塩)        95票
ダントツの1位は『されど塩 藻塩』!
「こんなにいろいろな塩で食べ比べしたことがないけれど、味が違うのね!粒の大きさや形でも味わいが違うわ~。」と大盛り上がり。1位の『されど塩 藻塩』については、「塩味以外の旨味を感じる」「ほんのりと海の香りがするわ」という意見も。
あなたも是非、お試しあれ!!
されど塩 藻塩

 

ページ先頭ヘ

10回目!えひめスイーツコンテストで「伯方塩業賞」決定!それは・・・

2018/10/11

“SWEET10スイーツ”?―愛媛県松山市中心部にある会場で、愛媛県農産物を使用して作られたお菓子のイベント『えひめスイーツコンテスト』の“10回目”が10月5日(金)に開催されました。
今年は、プロ部門・学生部門に加えシュークリーム部門が追加されて、総勢246作品の応募がありました。最終審査のこの日は会場中に甘い香りが漂っていました…。
並べられたスイーツの眺めは圧巻です。一次審査を通過したお菓子の中には「伯方の塩」を使っているものが3分の1も!隠し味に塩は肝心ということでしょうか。
 審査も終わり、いよいよ表彰式です。数ある受賞作の中でも『伯方塩業賞』は、愛媛県中山町産の“中山栗”を使った『栗を育む大地』。作者は、19歳の“栗田 智紀”さん。和菓子も本人の名前も“栗づくし”!
 “中山栗”は、愛媛名産のお菓子にもよく使われている食味も大きさも日本一といわれる栗。思いっきり秋を堪能できる愛媛県産品です。『栗を育む大地』は、口に運ぶと滑らかな食感の中にほっこりと優しい栗の味が…。敢えて栗を中に入れた〝逆さ仕込み〟という技を使っているということでした。
では、「伯方の塩」はどこに使われているのでしょう?伺ってみると“浮島”というお菓子の土台(緑色の部分)に使われており、「塩は隠し味として塩加減が大切」と語っていました。甘さの中に栗の渋さもほんの少し生かしたシンプルで角をしっかりととった美しい形の中に幾つもの技を詰め込んでいます。


 栗田さんは“河原パティシエ・医療・観光専門学校”1年生ですが、和食屋さんで2年半の間、アルバイトをしており和菓子作りのヒントを得たということです。頑張り屋ですね!小さいころから山に栗拾いに行っていたという栗田さん。持って帰った栗をおばあちゃんが美味しく炊いてくれたのが心にも舌にも残る想い出。受賞した和菓子をおばあちゃんに食べてほしい!と嬉しそうです。

実は、栗田さんはシュークリーム部門でも仲間と2人で優秀賞を受賞しているW受賞の強者です。今後が楽しみな未来の和菓子職人&パティシエです。

ページ先頭ヘ


ページ先頭ヘ