1/11は、し・お・の・ひ♪大三島工場に集まれ!

2019/12/23

1/11は塩の日!
どうして「塩の日」といわれているか知っていますか?

戦国時代、海に面していない武田信玄の領地へ塩が入らなくなり、領民が塩を摂ることができず困っていました。
それを知った上杉謙信は敵対関係にあったにも関わらず、
「争うところは、いくさにある。米や塩ではない」と言って塩を送ったといわれています。
その塩が武田信玄の領地に届いたのが1/11だったことから、のちに「塩の日」と制定されました。

この話は「敵に塩を送る」という言葉の由来にもなっていて、
「敵対関係にある相手であったとしても、争いとは別の部分では弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う」
という意味で使われています。

塩の日にちなんで、
1/11(土)から1/13(月)まで「塩の日イベント2020 in 大三島」を開催します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい企画が盛りだくさん♪詳しくはこちら
https://www.hakatanoshio.co.jp/news/blog/news/news_6274.html

 


ページ先頭ヘ