「藻塩焼(もしおやき)神事」鹽竈(しおがま)神社例祭/宮城

塩百科

古代から『塩』は貴重なものでした

日本では、岩塩や湖塩などが採れないため、海水から『塩』を取り出すために様々な工夫がされてきました。
百人一首にも詠まれている『藻塩焼』とは、どんな製塩法だったのでしょうか?
現代でも『藻塩』をつくる製法を神事として伝えられてきた宮城県にやって参りました。
塩釜市にある鹽釜神社の境外末社・御釜神社で毎年7月4日の『藻刈(もかり)神事』に始まり、5日の『水替(みずかえ)神事』、6日に執り行われる『藻塩焼神事』まで斎行。古代からの製塩法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。
※藻刈神事--七里ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出して、ホンダワラという海藻を刈り取る
※水替神事-松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替える

6日の『藻塩焼神事』では、海藻のホンダワラを用いて濃い塩水(鹹水)をつくり、これを煮詰めてつくる古代からの製塩法が、みやびな雅楽が奏でられる中で進行します。
境内に祀られている4口の神釜は古代に製塩に使われた釜です。
江戸時代には釜の水の色が変化すると異変が起こる前触れとして、怖れられていました。

「藻塩」の製塩方法は、実は諸説あります。“藻を焼いてその灰塩に海水を注ぎ、鹹水をとって煮詰める”、藻塩焼神事のように“海水のついた藻に、上から海水を注いで析出した塩を海水で溶かす”などです。
百人一首以外に万葉集にも「藻塩焼」という言葉が入った歌はいくつかあります。
古代から伝わるこの『藻塩焼神事』に見えるように、日本において塩つくりは神聖なものであり、出来上がった塩は大変貴重なものとして大切に扱われてきた事がよくわかります。

写真は2016年、干天の慈雨に恵まれた7月6日の神事の様子です。