伯方塩業株式会社

塩つくりへの想い

Thought

安心して食べられる塩を
自分たちの手で

1971年、「塩業近代化臨時措置法
(えんぎょうきんだいかりんじそちほう)」の
成立で
塩田が全廃され、品質よりも生産効率を優先した塩に切り替わることになりました。
世界でも食用にした前例がないため、
安全性に不安を抱いた人たちが
自然塩(塩田塩)存続運動を起こしました。
塩田の復活は叶わなかったものの、
安心して食べられる塩を自分たちの手で
つくらなければならないとの想いで
食用最適塩と言われた塩田の塩を目標に
塩つくりを始めました。

安心安全な塩つくり

化学薬品・食品添加物不使用

担当者からの
コメント

化学薬品などを一切使わない、こだわりの方法で製造をしています。伯方の塩は、屋内で数日間かけてゆっくりと自然乾燥させています。にがりをほどよく残した風味のある塩は、品質面でも高い評価を受けています。

安全と美味しさを
追求するための
品質・衛生管理

安全品質の実現

担当者からの
コメント

皆さまに安全で美味しい塩をお届けするため、徹底した衛生管理や機器の整備に努めています。また、粒度・水分・成分等の検査や分析を行うことで、品質の維持・向上を目指しています。

熟練スタッフによる
最終チェック

機械と人による検査

担当者からの
コメント

「フルイ機」「除鉄機」「色彩選別機」などのいくつもの機械に通し、異物の混入を防いでいます。さらに、重量の過不足や金属異物の混入がないかを「オートチェッカー」で確認し、最後に目視検査をクリアしたものがようやく商品となります。

創業の想いは
今も変わらず

安心と美味しさをお届けするために、
「伯方の塩」をはじめ
「フルール・ド・セル」や「されど塩」などの
ブランドを誕生させました。
塩を通して皆さまの食卓がより豊かに、
より楽しくなるように多様化するニーズに合わせた
商品づくりをおこなっています。

伯方塩業のこれから

お客様と社員のために
「塩は単なる調味料ではなく基本食料」との
考えのもと、
「健康最適塩」を探求し続け、
皆さまに長く愛される商品づくりに
励んでいきます。