伯方塩業株式会社

レシピ

Recipe

昔ながらの梅干し

一口メモ

memo

塩をたっぷり使った昔ながらのすっぱい梅干し。
重石を使わないので、皮が破れずふっくら形のいい梅干しに仕上がります。
常温で長期保存できるので、味わいの変化を楽しみながら様々な料理にアレンジしてみてください♪

関連レシピ👇
袋で漬ける梅干し

材料

梅(表面に傷がついていない黄色く熟したもの)

2㎏

伯方の塩(①)

400g(梅の20%)

赤じそ

200g(葉だけの分量)

伯方の塩(②)

40g

おすすめの塩はコレ!

伯方の塩

レシピ 商品詳細
ONLINE STORE
作り方

1

流水で梅をやさしく洗い、たっぷりの水に一晩つけアク抜きをする。

2

傷をつけないように竹串でヘタを取る。

3

布巾またはキッチンペーパーで水気を取る。

4

器の底に塩を振り入れ、梅1つずつに塩を軽く刷り込み、敷き詰めていく。

5

敷き詰めた上に塩を軽く振る。これを繰り返し、最後に塩を多めに振り、落しブタとフタをして冷暗所に置く。

6

翌日~4日後に梅酢が上がり始める。毎日様子を見ながら、梅酢が上がり始めたら容器を揺すって、梅酢を行き渡らせる。

7

2週間程度で梅の上まで梅酢が上がってくる。赤じそが手に入るまで6⃣の状態で保存し、カビが生えていないか時々様子を見る。

8

赤じそは葉を摘み取ってきれいに洗い、水気を取る。

9

ボウルに赤じそと②の塩を入れよく揉み、出たアク汁を捨てて固く絞る。

10

赤じそを梅の上に広げて落としブタとフタをし、7月中旬~8月上旬の土用の時期までおく。

11

梅雨が明けた天気の良い土用の日を選んで、ざるに梅を並べて三昼夜、赤じそは1日干す。梅酢は光が入るように透明な容器に入れて1日干す。
※雨に当てないように注意

12

煮沸消毒した保存容器に干した梅と赤じそ、梅酢を入れ冷暗所で保存する。3~4ヵ月経ったら食べ頃。
(赤じそや梅酢は料理やドレッシングなどにアレンジ可能)

全てのレシピを見る

特集レシピ